ステップメールのプログラムを作成するため、Excelワークシートの準備をする。

ステップメールの課題の前に、Excelワークシートの追加や変更が必要です。

ステップメールは、これまでのメール送信プログラムを基に作成することができます。VBAプログラムの大部分が、再利用可能です。

でも修正点が多いので、Excelのファイルをコピーして、別のファイルにします。

【1】Excelのファイル「メール送受信.xls」をコピーして、「ステップメール.xls」を作成します。

mail-302.gif

もちろんこの段階では、中身は同じです。


【2】「ステップメール.xls」を開きます。

*マクロを有効にする


【3】ステップメールでは、受信機能は使わないので、ワークシート「受信」を削除します。

mail-276.gif


【4】ワークシート「受信」をマウスで右クリックし、コンテキストメニューから、「削除」を選択します。

mail-277.gif


【5】メッセージが表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。

mail-278.gif


【6】ワークシート「受信」が削除されました。

mail-279.gif


次は、ステップごとに送信する文章(テキストファイル)を指定するため、ワークシートを新たに追加します。

【7】ワークシートの名前の部分を、マウスで右クリックし、コンテキストメニューから、「挿入」を選択します。

mail-280.gif


【8】挿入のダイアログボックスが表示されたら、「ワークシート」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。

mail-281.gif


【9】新しいワークシートが挿入されました。

mail-282.gif


【10】ワークシートをマウスでドラッグ&ドロップして、移動してください。

mail-283.gif


【11】新しいワークシートの名前を変更します。

mail-284.gif


【12】名前は「文章」にしてください。

mail-285.gif


続いてワークシートの設定を行ないます。

【13】ワークシート「文章」のA列~C列を、以下のように設定してください。

mail-305.gif

・A列 ステップ
あなたがわかりやすければ、何でもかまいません。

・B列 ステップごとに送信する文章(テキストファイル)をフルパスで指定する。


C:\mailPG\Text\step1.txt

*「\」はWindowsでは円記号のことです。
*実際に存在するファイルを指定します。

・C列 メールの件名を指定する。
図の例では、3行目までしか件名を書いていませんが、10行目まで何か書いてください。


最後にワークシート「送信」を変更します。

【14】ワークシート「送信」のC列~E列のセルをマウスで選択します。

mail-306.gif

*添付ファイルの機能は残すので、F列はそのままにして下さい。


【15】キーボードの「Deleteキー」で削除します。

mail-307.gif


【16】C列には、新たに「ステップ」という項目と、数値(半角)を入力します。

mail-308.gif

ステップとは、今どの段階までメールを送信済みか表します。
・0の場合は新しい読者 まだメールは未送信
・1の場合は、1回目のメールは送信済み

数値はランダムに入力してかまいませんが、前回作成した文章のテキストファイル数と一致させる必要があるので、0~10以内を指定してください。


【17】ここまでの作業を「保存」してください。


以上でステップメールのプログラミング前の準備が完了しました。


【補足】
(1)空白列について
D列とE列は、後で利用できるので、空白のままにします。


(2)ステップについて
実際にステップメールを送信する時には、ワークシート「送信」のC列に「+1」した値を使います。

ステップに入力しているのは、「送信済み」の値なので、新しいメールは次の値になるからです。

またステップは、メールを送信する度にカウントアップしますが、用意したファイル数の10を超えないように、プログラム側で調整します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ