スポンサードリンク

メール送信時に、添付ファイルを付けるプログラムの動作確認を行なう。

Excelからメール送信すると、各メールにそれぞれ指定した添付ファイルを付けて、一括送信することができます。

同じファイルでも、異なったファイルでも指定することが可能です。

VBAのプログラミングと解説は、前回のステップで行なっているので、今回はプログラムの動作確認を行なってみましょう。

添付ファイルを指定すること以外は、これまでの動作確認と、まったく同じです。

【1】Excelのファイル「メール送受信.xls」を開きます。

*マクロを有効にする


【2】ワークシートを「送信」に切り換えます。

自動的に表示されたフォームは、一度閉じてください。


【3】ワークシートの「F列」で、添付ファイルを指定してください。

mail-253.gif

*ファイル名は、必ずフルパスで指定

添付するファイルは、必ず実在するものを指定してください。無いファイルを指定すると、メール送信エラーになります。


【4】フォーム「frm送信」を、再び表示します。


【5】開始行番号と終了行番号を指定し、件名と本文を入力します。

mail-254.gif

*本文の改行は「Enterキー」です。

・件名

[氏名]様 ご注文ありがとうございます。


・本文

[氏名]様

この度は○○をご利用いただき、誠にありがとうございます。
[氏名]様が、今回ご注文いただいた商品は、以下の通りです。

・商品名 [商品名]
・金額 [金額]円



コピー&ペーストする場合は、キーボードから「Ctrlキー」+「Vキー」で、貼り付けてください。


準備が出来たら、メールを送信しましょう。

【6】「メール送信」ボタンをクリックします。

mail-257.gif

添付ファイルの分は、これまでよりメール送信に時間がかかります。
送信が完了するまで、しばらくお待ちください。


【7】「○○件送信しました。」というメッセージボックスが表示されれば、送信成功です。

mail-255.gif

この時、もし指定したメールの件数より、少なく表示されていれば、その分は送信エラーになっています。

送信エラーのメールは、「err」フォルダに移動しています。


【8】メッセージボックスの「OK」ボタンをクリックします。

mail-256.gif

これで添付ファイル付きのメールが、一括送信できました。


【9】メール送信が済んだら、フォームを閉じます。


【10】Excelのファイル「メール送受信.xls」も終了してください。


次は、送信したメールが、ちゃんと届いているか確認します。

Excelから送信したメールを Outlook Express のようなメーラーで受信してください。

【11】以下のように、添付ファイル付きのメールが、複数届いているハズです。

mail-258.gif

メールが届くまでには、数分かかることもあります。もし届かない場合は、しばらく待ってから、もう一度受信してください。

また、送信したメールは、送った順番通りに届くとは限りません。順番が変わっていても気にしないでください。

送った件数分が届いていれば、大丈夫です。


【12】各メールの本文も確認してください。

mail-259.gif

ちゃんとファイルが添付されています。

また送信先によって、添付ファイルが自動的に変わっています。

mail-261.gif


【13】念のため、添付ファイルも開いてみてください。

mail-260.gif

確かに添付したファイルですよね。


【14】確認が済んだら、メーラーは閉じてください。


【15】他にもいろんなパターンで、送信テストしてみてください。

・例 同じファイルを指定する
mail-263.gif

・例 空白の行を混ぜる
mail-246.gif

・例 空白行+同じファイル
mail-247.gif

ワークシートの「F列」を空白にすると、メールは添付されません。これでメールを添付するかどうか、切り替えることができます。


今回の最大のメリットは、添付するメールを、それぞれ異なったものにしたり、同じものにしたり、添付しなかったり、自由に設定できることです。

このようなことを、普通のメーラーで行なうと、メール作成に手間がかかります。

その点、Excelを使えば、簡単に設定することができるわけです。


【補足】
添付ファイルは、必ず存在するファイルを指定してください。

もし存在しないファイルを指定すると、正常なメールは送信できますが、エラーメールは「err」フォルダに移動します。

・C:\mailPG\Send\err
mail-262.gif
*「\」はWindowsでは円記号のことです。

行番号で指定したメールの件数と、実際に送信されたメールの件数が、合わない場合は、確認してみてください。

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ