Excel メールの件名と本文に、氏名を自動挿入する方法について。

Excelでメール送信する時に、件名や本文中に「氏名」を自動的に挿入することが、簡単にできます。

もしあなたがメールを受信した時に、件名に自分の名前が入っていると、とりあえず読んでみますよね?

このようにメールの件名に氏名が入っていると、メールを開封して読んでもらえる確率がアップします。

またメールの本文中に、氏名を自動挿入することで、個々に作成したメールのようになり、親しみのある文章になります。

実は氏名を自動的に挿入するVBAプログラムは、とても簡単です。

今回は簡単なので、VBAプログラムの変更と動作確認を一気に行ないます。

【1】Excelのファイル「メール送受信.xls」を開きます。

*マクロを有効にする


【2】VBEを起動します。

*「Altキー」+「F11キー」


【3】フォーム「frm送信」を選択し、「コードの表示」ボタンをクリックします。


【4】「cmd送信」クリック時のプログラムを、一部変更します。

赤枠で囲った2行を追加するだけです。
mail-176.gif


'件名
subj = Me.txtSubject
subj = Replace(subj, "[氏名]", tName)

'本文
body = Me.txtBody
body = Replace(body, "[氏名]", tName)


変更点は、たったこれだけです。とても簡単ですよね。
既に件名や本文中に、氏名を自動挿入できるようになっています。


【5】プログラムを変更したら、VBEを保存して閉じてください。


続いて動作確認を行ないます。

【6】ワークシートを「送信」に切り換え、フォーム「frm送信」を表示します。


【7】行番号を指定し、送信先を決定してください。

mail-177.gif


【8】件名を次のように入力します。

mail-178.gif


[氏名]様 ご注文ありがとうございます。


*[ ] は必ず半角で入力します。

上記の件名をコピー&ペーストで、テキストボックスに貼り付ける場合は、コツがあります。

テキストボックスでは、マウスのコンテキストメニュー(右クリック)が使えないので、キーボードから「Ctrlキー」+「Vキー」で貼り付けてください。

この [氏名] の部分が、Excelワークシートの氏名に置換されます。


【9】本文を次のように入力します。

mail-179.gif


[氏名]様

この度は○○をご利用いただき、誠にありがとうございます。
[氏名]様が、今回ご注文いただいた商品は、以下の通りです。



*改行は「Enterキー」です。
*コピー&ペーストする場合は、同上。

[氏名]の部分が複数あった場合は、全て置換されます。


【10】準備が出来たら、メールを送信します。

mail-180.gif


【11】いつもと同じ様に送信できました。

mail-181.gif


【12】行番号を変更して送信先を変え、何件かメールを送信してみてください。

件名、本文は同じでかまいません。メールを送信すると、[氏名]の部分が自動的に変わります。


【13】送信が済んだら、フォームを閉じます。


【14】Excelのファイル「メール送受信.xls」を終了してください。


次は、送信したメールが、ちゃんと届いているか確認します。

Excelから送信したメールを Outlook Express のようなメーラーで受信してください。

【15】メールが届いています。

mail-182.gif

それぞれの氏名が、件名に反映されていることを確認してください。

メールが届くまでには、数分かかることもあります。もし届かない場合は、しばらく待ってから、もう一度受信してください。


【16】メールの本文も確認してください。

・山田さん宛て
mail-183.gif

・田中さん宛て
mail-184.gif

送信先によって、氏名が自動的に変わっています。

また [氏名] の部分が複数あっても、全て自動的に置換されていることが確認できます。

文字列を置換するプログラムの解説は、次のステップで行ないます。


だんだんExcelでメール送信するメリットが、見えてきたのではないでしょうか?

このようなことは、普通のメーラーでは出来ません。だからプログラミングする価値があるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ