スポンサードリンク

Excelでメール送信用のフォームを表示するプログラム。

前回作成したメール送信用のユーザーフォームを、プログラムを使って表示してみましょう。

タイミングは、Excelのワークシート(送信)に切り換えた時に、フォーム(frm送信)を表示することにします。

【1】Excelのファイル「メール送受信.xls」を開きます。


【2】VBEを起動します。

*「Altキー」+「F11キー」


【3】VBEの画面に、前回作成した「frm送信」があります。

mail-28.gif


【4】プロジェクト エクスプローラで、シート「送信」を選択し、「コードの表示」ボタンをクリックします。

mail-29.gif

またはシート名をダブルクリックしても、コードを表示できます。

mail-30.gif

Sheet2というのは、システムが勝手に付けている名前なので、気にしないでください。

プログラム内では、「送信」という名前でシートを扱います。


【5】コードウィンドウが表示されました。

mail-31.gif

このコードウィンドウを使って、プログラムを書きます。

ちなみにコードとは、コンピューターのデータや命令を表したものです。つまりプログラムのことです。


【6】コードウィンドウ上部にある、左側のコンボボックスから「WorkSheet」を選択します。

mail-32.gif


【7】自動的にプロシージャが表示されますが、これは使いません。

mail-33.gif

プロシージャとは、VBAでプログラムを実行する最小単位です。

このプロシージャは、使わないので削除してもかまいません。そのまま残しても大丈夫です。

もし邪魔なら削除してください。


【8】続けて、右側のコンボボックスから「Activate」を選択します。

mail-34.gif


【9】自動的にプロシージャが表示されました。

mail-35.gif

このプロシージャは、ワークシートが「稼動」した時に実行されます。

今、プロジェクト エクスプローラでは、シート「送信」を選択していますよね。

したがって、シート「送信」が稼動した時に実行されるプロシージャということになります。

ここにプログラムを書きます。

今回のように、何かイベント(出来事)が起こった時に、システムが自動的に呼び出して実行するプロシージャを、イベントプロシージャと言います。


【10】キーボードの「Tabキー」を1回押して、インデント(字下げ)します。

mail-36.gif

インデントするのは、プログラムを読みやすくするためです。空白行もよく使います。


【11】「frm送信」まで入力します。

mail-37.gif

*英数字は、必ず半角で入力


【12】半角で「.」(ドット)を入力すると、候補がリスト表示されます。

mail-38.gif


でも候補が多いので、もう少し絞り込みます。

【13】続けて、「Sh」まで入力します。

mail-39.gif

すると「Sh」で始まる候補が表示されました。


【14】キーボードの矢印キーで「Show」を選択し、「Tabキー」で決定します。

mail-40.gif

「frm送信.Show」は、「フォームfrm送信を、表示しなさい」という命令です。


【15】ここまでの作業を保存します。

mail-41.gif

VBEでの変更点は、VBE側で保存するので、注意してください。

動作確認は、次回に行ないます。


【16】VBEを閉じます。


【17】Excelのファイル「メール送受信.xls」を閉じます。


実はVBEには、Excelを表示するボタンが用意されていますが、今回は使いませんでした。

mail-42.gif

理由は、次回の起動時に説明します。

VBEを使ったプログラミングに慣れてきたら、このボタンをよく使いますが、今回はとりあえず使わないで、終了してください。


【補足】
このようにVBEでは、次に入力する候補が、自動的にリスト表示されます。

そのため、メソッド(命令)や、プロパティ(属性)のスペルを正確に覚えておく必要はありません。

うろ覚えでもプログラミングできてしまうのが、VBEのような統合開発環境の凄いところです。

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ