スポンサードリンク

Excelでメール送信用のユーザーフォームを作成する。

Excelでメール送受信のプログラムを書くために、VBEでユーザーフォームを作成しましょう。

今回は、メール送信用と受信用のフォームを分けることにしました。そのほうがVBAプログラミングが簡単になるからです。

まずはメール送信用のユーザーフォームから作成します。

【1】Excelのファイル「メール送受信.xls」を開きます。


【2】VBEを起動します。

*「Altキー」+「F11キー」


【3】VBEのメニューから、「挿入」→「ユーザーフォーム」の順で選択します。

mail-15.gif

この画面はExcel2000です。他のバージョンでは、画面や手順が異なるかもしれません。


【4】「ユーザーフォーム」が挿入(作成)されました。

mail-16.gif

プロジェクト エクスプローラに、フォームというフォルダが表示され、ユーザーフォームが作成されていることを確認してください。

ユーザーフォーム名は、初期値のままです。

この時、ツールボックスは表示されていなくてもかまいません。

ツールボックスは、メニューから、「表示」→「ツールボックス」で、いつでも表示できます。

mail-17.gif

ツールボックスが邪魔な場合は、閉じてください。


【5】ユーザーフォームのプロパティ(属性)を、以下のように変更します。

mail-18.gif

・オブジェクト名 frm送信
・Caption メール送信


【6】変更したオブジェクト名は、プロジェクト エクスプローラと、プロパティのコンボボックスに反映されます。

mail-25.gif


【7】Captionは、ユーザーフォームのタイトルに反映されます。

mail-19.gif


【8】ツールボックスを表示し、「コマンド ボタン」を選択します。

mail-20.gif


【9】ユーザーフォームの上で、長方形を描くようにドラッグすると、コマンドボタンが作成されます。

mail-21.gif

大きさは適当でかまいません。

コマンドボタンが選択されたまま、次の手順に進みます。(重要)


【10】プロパティのコンボボックスで、コマンドボタンが選択されていることを確認します。

mail-22.gif

コマンドボタンが選択されていない時は、コンボボックスで選択するか、ユーザーフォーム上のコマンドボタンをマウスでクリックします。

オブジェクト(フォームやコマンドボタンなどの部品)が複数ある場合は、このコンボボックスにリスト表示されます。

プロパティを変更する時は、今どのオブジェクトが操作対象となっているか、確認する習慣を付けてください。

間違って、他のオブジェクトのプロパティを変更することのないように、注意してください。


【11】コマンドボタンのプロパティ(属性)を、以下のように変更します。

mail-23.gif

・オブジェクト名 cmd送信
・Caption メール送信


【12】オブジェクト名の変更は、コンボボックスのリスト表示に反映されます。

mail-27.gif


【13】Captionの変更は、コマンドボタンの表示に反映されます。

mail-24.gif


【14】ここまでの作業を保存します。

VBEのツールバーにある「保存」ボタンをクリックします。

mail-26.gif

これでメール送信用のユーザーフォームが準備できました。このフォームにVBAでプログラムを記述することになります。


【補足】
(1)名前の付け方について
オブジェクト名やCaptionは、プログラムの開発者が、自由に付けることができます。

・オブジェクト名は、プログラムの中でも使うので重要。
・Captionは何でもよい。操作するユーザーがわかりやすい表現にする。
・オブジェクト名とCaptionは、異なってもいい。

オブジェクト名は、プログラムの中で使うので、通常はアルファベットを使います。例えば、「frmSendMail」のような感じです。

でも今回はあえて「frm送信」というように、日本語を混ぜています。プログラミング初心者には、そのほうがわかりやすいからです。

メール送受信のプログラミングに集中して欲しいため、あえて日本語で分かりやすく表現しています。


(2)接頭語
オブジェクト名の先頭の「frm」はフォームであることを表しています。同じように「cmd」はコマンドボタンです。

これらは接頭語とか接頭辞と言われているもので、意味を付け加えるために使われます。

接頭語を使うと、「frm送信」「cmd送信」とあった場合でも、どれがフォームで、どれがコマンドボタンなのか、すぐに分かります。

するとプログラミングする時に楽になります。

他には、ラベルを表す「lbl」、テキストボックスを表す「txt」などが、よく使われます。

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ