ExcelでVBEの起動と終了をする方法。

Excelでは、メール送受信のプログラム開発に、「VBE」という統合開発環境を使うことができます。

*VBE(Visual Basic Editor)

VBEは、Microsoft社の Officeソフトで共通して利用可能な統合開発環境です。

Excelだけでなく、Access、Word、PowerPointでも利用できるので、これを機会に使い方を覚えておくと役立ちます。

VBEでは、プログラミング言語として、VBA(Visual Basic for Applications)が使えます。

まずはVBEの起動と終了の方法を覚えましょう。

【1】既に作成済みのExcelのファイル「メール送受信.xls」を開きます。

mail-10.gif


【2】VBEはキーボードの「Altキー」と「F11キー」を同時に押すと、直接起動できます。

mail-11.gif

「メール送受信.xls」のVBEが起動しました。

VBEはメニューからも開けますが、Officeソフトによって方法が少し違います。

上記のように「Altキー」+「F11キー」だと共通なので、今後はこの方法で説明します。


【3】VBEの「プロジェクト エクスプローラ」に、シート名の変更が反映されていることが確認できます。

mail-12.gif

*シート名の変更は、Step2で行ないました。
*シート名は、プログラムの中で使うので、重要です。


【4】VBEを終了したい時は、「閉じる」ボタンをクリックします。

mail-13.gif


【5】Excelの画面に戻りました。

mail-14.gif


【補足】
このように、Excelの画面とVBEの画面は、別々です。それぞれ独立しています。

「保存」ボタンもそれぞれにあるので、VBEで行なった作業を保存する時は、VBE側の保存ボタンをクリックすることになります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ