メール送受信で利用するメールアドレスを用意する。

プログラムからメールを送受信する時も、通常と同じようにメールアドレスが必要です。

ただし少しだけ違う点があります。

通常は、一つのメールアドレスで、送信も受信も行ないます。

でも今回は、「送信用」と「受信用」を分けるために、メルアドを二つ用意してください。そのほうがプログラミングが簡単になるからです。

■送信用のメルアド
送信用は、普段使っているメールアドレスでもかまいません。メールを送信するだけなので、メールボックスに影響がないからです。

返信されてくるメールを受け取るためにも、普段使っているメールアドレスのほうが都合がいいです。

ただし、プログラムの中で、メールのログイン名とパスワードを使うので、不安のある人は、送信専用のメールアドレスも用意してください。


■受信用のメルアド
受信用は、専用のメールアドレスを必ず用意してください。

受信用のメールアドレスでは、メールボックスの中身を確認したり、データ取得、削除などの処理を行ないます。そのため専用のほうが安心です。

それに通常使っているメルアドでは、スパムメールも多く届いていると思います。

スパムメールがあると、データを取り込む時に邪魔です。

そこで、受信用のメールアドレスは、外部に公開せず、なるべく長く複雑な名前を付けてください。

「-」(ハイフン)や「_」(アンダーバー)を混ぜる、数字を混ぜる、大文字小文字を混ぜる、などの工夫をすると、スパムメールがかなり減ります。

実際には、これから作るプログラムの中で、件名を見て、正しいメールかスパムメールかの判別を行ないます。

しかしスパムメールを取り除く分だけ処理が無駄になるので、あらかじめ対策をしていたほうが効率的です。

したがって、受信専用のメールアドレスが、必ず必要になります。

また、受信専用のメールアドレスは、Webメールが使えたほうが便利です。

Webメールとは、ウェブブラウザを使って、メールを送受信できるサービスです。レンタルサーバーで提供しています。

Webメールなら、受信するメールボックスの中を事前に確認することができます。作ったプログラムが、ちゃんと動いているか、確認するのに好都合です。

Webメールが使えるサービスとしては、XREA(エクスリア)があります。無料および有料のレンタルサーバーとして有名です。

XREAは VALUE-DOMAIN の画面から、ドメイン名やサーバーを一括して管理することができます。

他には、ロリポップ!(lolipop!)なども、Webメールが使えます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ