スポンサードリンク

メール送受信の開発にAccessやExcelを使う理由について。

メールの送受信を行なうプログラムを開発するには、いろんな方法があります。

当講座では、主に Microsoft社の Access(アクセス)や Excel(エクセル)を使ったプログラミングの例を紹介します。

Excelは、職場で使われているほとんどの Windowsパソコンにインストールされていると思います。

したがって追加の費用が、かからないことがメリットです。

Excelほどではありませんが、Accessがインストールされているパソコンも多いです。

Accessとは、データベースソフトウェアの一つです。

Accessは、便利で高機能にもかかわらず、使っている人が少ないソフトウェアではないでしょうか?

それはとてももったいないです。この機会にぜひ習得してください。

Microsoft Access や Excel では、VBAというプログラミング言語が使えます。またVBEという統合開発環境も用意されています。

*VBA(Visual Basic for Applications) プログラミング言語
*VBE(Visual Basic Editor) 統合開発環境

つまり、Access や Excelをインストールするだけで、開発する準備ができていることになります。

当講座では、最初はExcelを使ってメールを送信したり、受信してみます。

なぜならExcelは、操作が簡単で、普段から使い慣れている人が多いからです。

でもExcelは、大量のレコード(行)を効率的に扱うには、少し不便です。

そこで途中からは、データベースソフトウェアであるAccessを使った方法に切り替えます。

データベースを使うと、レコードの扱いが楽にできます。

Accessだけでもかなりのシステムを開発できますが、Oracle、SQLServer、MySQL、PostgreSQLといった本格的なデータベースと連携することも可能です。

例えば、データベース部分はMySQLを使い、クライアント側の画面(フォームやレポート)は、Accessで作るなどの方法です。もちろんプログラムは、VBAで書くことができます。

また、メールを送受信するプログラムを開発する方法は、他にもいろいろあります。

Access や Excel は、商用ソフトなので費用がかかりますが、無償で可能な組み合わせもあります。

例えば、プログラミング言語にはJavaを使い、統合開発環境にEclipse、データベースにMySQLを使えば、すべて無償で開発することが可能です。

*MySQLは使う用途によっては、有償になる場合がある
*PostgreSQLは無償

でもJava言語は、オブジェクト指向の概念を理解する必要があるので、プログラミング初心者には、難しいところがあります。

Eclipseの操作も慣れが必要です。MySQLもAccessに較べると難しいです。

このようにオープンソースのソフトウェアを使えば、無償で開発できるのですが、初心者向きではありません。中級者以上にお薦めします。

そこで当講座では、メール送受信のプログラムに集中して欲しいため、有償だけれど、既にインストールされている可能性の高いAccess や Excel を使っているわけです。

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ