プログラムからメールを送受信できるようになるメリットとは?

プログラミング言語から、メールを送信したり、受信できるようになると、パソコンの用途がとても広がります。

ほとんどのパソコンには、メーラー(mailer)と呼ばれる電子メールソフトが、既にインストールされています。

Windowsには、Microsoft Outlook Express や Outlook が最初から用意されています。

また、オープンソースで開発されている Thunderbird(サンダーバード) のようなソフトウェアなら、無料でダウンロードして使うことができます。

他にもたくさんの電子メールソフトがあるので、今更「わざわざプログラミング言語で作る必要は無い」と思うかもしれません。

でも既存の電子メールソフトを使っている時に、「こんなことが出来たらいいなぁ」、「こういうことは出来ないかな?」と思ったことはありませんか?

例えば、ネットショップを運営している人なら、受注メールから、注文情報や顧客情報が自動的に切り出せたら便利です。

さらにその情報を、データベースに保存できると、自動的に顧客名簿を作ったり、条件を満たした顧客だけにメールを送るといったことが可能です。

もちろん売上の集計や、宛先の印刷も可能になります。

あなたがオリジナルのメールソフトを作れるようになると、こんなことが簡単に実現できるのです。

既に目的の電子メールソフトが存在していたとしても、細かい部分まであなたの業務に合わせるためには、やはりあなた自身でプログラミングできたほうが便利です。

プログラミングができると、自由にカスタマイズすることができます。自分自身で行なえば、時間以外のコストはかかりません。

しかもメールを送受信するプログラムに絞れば、それほどプログラミングは難しくありません。

そこで当講座「メール送信・受信プログラミング初心者入門」では、そのノウハウを無料で公開しています。

初心者でもプログラミングができるようになり、仕事でもっとパソコンを活用していただきたいと願っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ