スポンサードリンク

Excelでメールを受信するための準備をする。

Excel(エクセル)でメール受信するプログラムを作成する前に、もう一度確認して欲しいことがあります。

全てこれまでの記事に書いた事ばかりですが、

とても重要なので、再度まとめておきます。

この「メール送信・受信プログラミング初心者入門」を、

メニューの順番通りにステップを進めていた場合は、特に問題ありません。

もうすぐにExcelで受信のプログラミングが出来ます。

しかし、いきなりメール受信のプログラムのステップから入っている場合は、

要チェックです。

(1)マイクロソフト社のExcelがインストールされているか、確認してください。
これからExcelでプログラミングするのですから、当然必要ですよね。


(2)BASP21がインストールされているか、確認してください。
BASP21の機能でメールの送受信を行うためです。

まだの方は、以下の記事を参考にしてください。

BASP21をインストールする
メール送受信の機能を追加するため、「BASP21」をインストールする。


(3)受信用のReceiveフォルダがあるか、確認してください。

手順通り進めていれば、Excelのファイル「メール送受信.xls」がある
「mailPG」フォルダの中に、「Receive」というフォルダが作成されているはずです。

Step1・フォルダを作成する
メール送受信を行なうため、プログラムを格納するフォルダを作成する。


(4)受信用のフォーム、ワークシートは作成しましたか?
受信用のフォームとワークシートは、既に以下のステップで作成済みです。

Step7・受信フォームを作成する
Excelでメール受信用のユーザーフォームを作成する。

こんなフォームが表示されればOKです。
mail-59.gif

まだの方は、ステップを戻って作成してください。


(5)受信専用のメルアドを1つ準備する。
プログラムから直接、メールボックスを操作するので、
普段使っているメールアドレスだと、いろいろ不都合です。

プログラムテスト用のメールアドレスが必要です。

テストには不具合(バグ)がつきものです。

何が起こるかわからないので、必ず別にメルアドを用意してください。

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

メールアドレスを準備
メール送受信で利用するメールアドレスを用意する。


以上、ここまで準備出来たらOKです。

いよいよExcelで、メールを受信するプログラミングが出来ます。

スポンサードリンク






メール送信・受信プログラミング初心者入門 TOPへ